World of Tanksでの中戦車は、よく言えば万能、悪く言えば器用貧乏な車両がそろっています。

バランスがいいと言うことは、基本的にそうなりますよね。

そのため、その性能を引き出して活躍するためには、単純な戦闘を繰り返すのではなく、臨機応変に複雑な判断をしなければなりません。

初心者が使いこなすには難しいですが、自分に合ってるかどうかの確認のためにも、少しは挑戦してみた方がいいでしょう。

 

■全部やれ

軽戦車の代わりに偵察もするし、駆逐戦車の代わりに狙撃もするし、重戦車の代わりに先頭に立って突っ込んだりもします。

WoTの中戦車はいつでも「今何をすればいいだろう?」と考えていなければいけません。

「僕の仕事これだから」といっていつまでも同じことをしている暇はないのです。

西で軽戦車がやられれば行って味方の目となり、東で敵が突破してくれば行って側面を打ち抜いてやるような、そういう戦車になってください。

全部

 

■人がいやがることをしよう

これはWoTに限らず、対戦ゲームの基本です。

格ゲーでも将棋でも、相手にとってやられて困ることをするのが勝負の鉄則。

ですから、中戦車に限らず、どんな車両でも当たり前のことなんですが、中でも中戦車はそれを意識した方がよくなってます。

単純な正面突破力は重戦車にはかなわず、機動力に優れているという特徴のため、なおさらうまい具合に嫌がらせをするスキルが求められるのです。

相手の砲塔がこちらに向いている間は物陰から出ず、よそ見をした瞬間に飛び出しうちをしてすぐに引っ込み、またこっちを見るまで嫌がらせするとか。

膠着している戦場の後ろに回り込んで、おしりを打つとか。

こういうときに大事なのは、無理をしないことです。

一発撃って三発撃たれるような戦いはしないように、丁寧に隙を見つけてください。生きている限り、嫌がらせくらいはできるものです。

 

■機動力は突撃のためにあるわけではありません

足の速い中戦車を使い始めると、つい相手との距離を詰めて乱戦を挑んでしまいがちですが、これはあまりよくありません。

相手の砲塔旋回が間に合わないような戦いをすることで、無傷で勝てたりもしますが、序盤から積極的に狙う戦法ではありません。

WoTでの機動力は、陣地の転換に使うものです。

敵との距離を維持するために使うようにすると、中戦車らしい仕事ができるようになっていきます。

近すぎず遠すぎない微妙ないい距離を保つときこそ、機動力は活かされると覚えてください。